iPhoneをハッカーから保護するためのシンプルで安全なヒント

Apple iPhoneは、iOSと呼ばれる独自のオペレーティングシステムを実行するAppleの主力モバイルデバイスブランドです。 iOSは、Appleハードウェアでのみ実行されるため、Androidとはかなり異なります。つまり、Appleが作成したデバイス以外のデバイスでは使用できません。 iPhoneには、ユーザーのプライバシーを重視するさまざまなセキュリティ機能もあります。実際、iPhoneデバイスはプライベートユーザーデータを保護し、あらゆるタイプのデータ侵害からユーザーを保護するように設計されています。顔認識、指紋センサー、盗まれたデバイスの特定、リモートコントローラー、iCloudストレージとの統合などの機能を備えたiOSは、市場で最も安全で最も安全なモバイルOSの1つです.


ただし、iPhoneが持つすべてのセキュリティ機能とプライバシー機能を備えているため、ハッカーはこれらのプライバシー機能の使い方に気を付けていなかったり、知らない場合でも、デバイスを侵害する可能性があります。 iPhoneハッキングの最も一般的な発生は、ハッカーが被害者のクラウドストレージアクセスをハッキングし、ユーザーがそのクラウドストレージプラットフォームに保存されているプラ​​イベートファイルや写真を閲覧できるようになった場合です。これがあなたがあなたのiPhoneをそのような起こり得るハッキング攻撃から保護する方法を知ることが重要である理由です. iPhoneをハッカーから保護するためのシンプルで安全なヒントを次に示します。

1.最新のiOSオペレーティングシステムを実行してください

Appleは、小さなアップデートでも大きなアップグレードでも、iPhoneオペレーティングシステムを定期的に更新しています。まだ行っていない場合は、モバイルOSを最新のiOSバージョンに更新することをお勧めします。これは、同社が通常、最新バージョンのiPhoneデバイスのほとんどでアップデートを利用できるようにするためです。したがって、更新スケジュールを守らず、デバイスに最新のオペレーティングシステムが搭載されていることを確認する理由はありません。更新またはアップグレードには、常に最新のセキュリティ保護機能が付属しており、ユーザーに最高のプライバシー保護を保証します.

2.すべてのセキュリティオプションをオンにする

Appleには、[設定]メニューで利用できる多くのセキュリティオプションがあります。これらのセキュリティオプションを1つずつ簡単に切り替えて、デバイスのセキュリティとプライバシー保護を強化できます。自分にとって有益だと思われるすべてのセキュリティオプションをオンにすることをお勧めします。一部のセキュリティオプションを使用すると、デバイスが使いにくくなる場合がありますが、プライバシーをさらに保護する必要があると思われる場合は、デバイスをオンにすることを検討してください。 Find My iPhoneやリモートデータ削除などの機能は、デバイスを紛失した場合に有効にしておくと便利です。そのようなとき、他の人がそれを見つけると、彼らはあなたのデータにアクセスできなくなります.

3. 2要素認証機能を有効にする

すべてのAppleデバイスにはApple IDが装備されています。これは、デバイスのさまざまなクラウドベースの機能にアクセスするために使用できるアカウントです。このIDがないと、アカウントにログインしたり、App Storeを使用したりできません。そのため、このIDを安全に保護し、ハッカーから保護することが重要です。これは、ハッカーが被害者のApple IDのユーザー名とパスワードをクラックまたは突破できる場合が多いためです。これにより、被害者が使用するさまざまなクラウド機能への完全なアクセス権が与えられます。 2要素認証では、ログイン試行がすべて報告され、別のデバイスでログイン試行を確認する必要があるため、ハッキングからApple IDを安全に保つことができます。.

4.公衆Wi-FiネットワークにログインするときにVPNを使用する

全国で利用できる公共の充電スタンドやWi-Fiネットワークがたくさんあります。実際、多くの人々は、特に駅や空港などの公共の場所で待っているときに、便宜上それらを使用しています。悪いニュースは、そのような公共の場所に設置された充電ステーションとWi-Fiネットワークは、あなたのデバイスにとって安全ではないかもしれないということです。実際、ユーザーは常に暗号化されていないネットワーク接続を使用して、ユーザーのオンライン活動を常に監視している可能性があります。このため、公共のWi-Fiネットワークにログインするとき、または公共の充電ステーションを使用するときは、常にVPNネットワークをアクティブにすることが重要です。 App Storeには多くのVPNサービスがあり、iPhoneデバイスの使用中にオンラインプライバシーを保護するために使用できます.

5. iPhoneで受け取る各メッセージに注意する

iPhoneを使用して定期的に他の人と通信する場合は、他の人と交換するメッセージに注意してください。これは、デバイスを使用してさまざまなソーシャルメディアプラットフォームにアクセスする場合に特に当てはまります。受け取った各メッセージは、特にそのようなメッセージが知らない人からのものである場合、プライバシー侵害につながる可能性があります。たとえば、パスワードをリセットするためのリンクを受け取ったら、それらのリンクを調査し、正当な会社から送信されたことを確認してください。それ以外の場合は、ハッキング攻撃の犠牲になる可能性があります。また、ソーシャルメディアで受け取るすべてのプライベートメッセージに注意してください.

これらは、iPhoneをハッカーから保護するためのシンプルで安全なヒントです。デバイスに多くの個人情報や個人情報を保存している可能性が高いため、iPhoneが常に保護されていることを確認することは非常に重要です。これらのヒントは、その目的を簡単に達成するのに役立ちます.

Kim Martin Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map